メインコンテンツに移動

Apply 端末セキュリティでリスクを軽減。

警告システムは必要ありません

心配にさようなら。

形やサイズに違反した Apple 端末セキュリティ には、企業に有害な影響があります。このため、企業情報を保護するための安全策を行うことは単に重要なだけでなく、非常に重大です。一人でフライトする必要はありません。Jamf Now があります。

コピー

端末のパスコードや暗号化から遠隔ロックまたはワイプ設定まで、Jamf Now は必要とされるモバイル端末管理 (MDM) セキュリティ設定で、お使いの Apple 端末と端末上の情報がお好きなように保護されることを確実にします。

パスコード要件

本来あるべき安らかな心を。端末すべてにパスコードを要求し、自動ロック期間を設定することで、端末が暗号化され、データが安全に保たれているので安心できます。

ディスク暗号化

FileVault で Mac 上のドライブ全体を暗号化し、企業レベル暗号化でデータを保護します。Jamf Now は、一歩先に進みリカバリーキーを暗号化し保管します。いつ必要となるかもしれません。

制限

iOS と macOS の制限により、登録した Apple デバイスのプリファレンスを管理できます。端末すべてで設定をカスタマイズしましょう。必要に応じて、監視​する端末についてさまざまな追加制限を選択できます。

遠隔ロック、ロック解除、ワイプ

紛失または盗難にあった端末がセキュリティ上の脅威にならないようにします。パスコードが入力されるまで端末を無効にします。正しいパスコードが適用されたときのみロック解除します。または、すべてのデータを遠隔ワイプします。端末は手元にないかもしれませんが、コントロール下にあります。

紛失モード

端末を紛失しましたか?従業員のプライバシーを侵害せず、紛失した端末を無効にし、位置を特定できます。紛失モードが有効になると、iOS 端末はカスタマイズされたロック画面メッセージを受け取り、使用が無効になり、位置を表示します。

2 ステップ検証

2 ステップ検証 (2 要因検証) により、さらに保護が強化されます。Jamf Now にサインインするたびに、携帯電話からパスワードとセキュリティコード両方を入力し、このセキュリティ機能オプションを使用します。

ただ説明を聞き流すだけにとどまらず、Jamf Now を無料でぜひご利用ください。

iPad、iPhone、Mac 向けのクラウドベースのモバイルデバイス管理 (MDM) ソリューションの威力をご覧ください。