メインコンテンツに移動

アプリ管理 – ユーザー個人に特化した、専用のデバイスを作る。

全てはアプリのために。

ユーザーの生産性をすばやくトラッキング。

構成とカスタマイズを瞬時に実施するアプリがたくさんあります。では、IT チームは一体何をするのでしょうか。Jamf Pro のアプリ管理機能を使えば、「誰が」「何の」ソフトウェアを「いつ」入手するのかを指定できます。事前に設定したアプリを、App Store または外部のベンダーから Mac、iPad、iPhone にリモートに配信します。

アプリのスマートな管理方法。

デバイスの設定やユーザーリスクエストの処理にかかる時間を短縮します。

購入およびライセンス管理

Apple の Volume Purchase Program (VPP)Apple School Manager と統合されているため、App Store からアプリのライセンスを一括で購入して、アプリをデプロイできます。アプリをユーザーやデバイスに割り当て(Apple ID は不要)、変更が必要な場合にはライセンスを再度割り当てます。組織固有のニーズに合わせて、B2B App Store からアプリを配備することもできます。

アプリ構成

ネイティブのアプリ管理に対応しているため、カスタムの SDK やコンテナーリゼーションは一切不要。設定の事前構成やアプリワークフローのカスタマイズをすぐに行えるため、モバイルでの生産性向上まで時間がかかりません。MacOS の場合は、Jamf Composer を使用してカスタムアプリやソフトウェアのパッケージを構築します。

アプリ配信

App Store または外部のソフトウェアベンダーからMac、iPad、iPhone にアプリやコンテンツを配信し、個人やグループに届けます。これは、サイレントに、オンデマンドでプッシュされる、Jamf Pro エンタープライズ向けApp Store で公開される、のいずれかの方法で実行されます。

アプリと OS のアップグレード

一般的で、最も多くパッチを適用されている、サードパーティの Mac OS ソフトウェアタイトルの新規アップデートが利用可能になったときに、アラートされます。OS アップデートを効率よくデプロイし、インベントリを通じてアップグレードプロセスを監視します。自動でアップデートが実行されるように iOS アプリを設定し、最もセキュアな環境を維持します。Jamf は Apple OS の新しいバージョンがリリースされてもすぐに対応するため安心です。

ただ説明を聞き流すだけにとどまらず、ぜひ Jamf Pro の無料テストドライブをお試しになってご意見をお聞かせください。

Jamf Pro に関する簡単なデモ動画をご覧になり、実行中のさまざまな管理機能をご確認ください。