クラウドセキュリティレポート 2021

2020年、多くの組織が生産性を維持しながら、ビジネスをリモートで進めることを余儀なくされました。このニューノーマルに合わせて、優れたセキュリティ対策とされていたこれまでの前提が変化していく流れを、私たちは目のあたりにしています。そして、あらゆる場所にいる従業員が持つさまざまなニーズに対応するため、セキュリティ戦略の機敏性と柔軟性を高めるにはクラウド優先のモデルが必要となります。

業界の主要な専門家は、ネットワークとセキュリティの機能を統合して、単一のクラウドネイティブサービスに融合するSASE(Secure Access Service Edge)が、従来の技術から脱却する革新的な企業にとって重要なアーキテクチャモデルになると考えています。SASEは未来のものかもしれませんが、企業は今すぐにでも業務に適したツールを見つける必要があります。本年次レポートでサイバーリスクと、このリスクが組織に侵入してくる方法を理解することができます。

PDF をダウンロード