ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA) 信頼できるユーザのみに業務リソースへの安全なアクセスを提供

“決して信頼せず、常に検証”

正しい認証情報と承認がなければ絶対にアクセスを許しません

要件を満たしたデバイスとユーザのみに特定のアプリへのアクセスを付与します。例外はありません

ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)は、デフォルトで企業リソースへのアクセスを制限し、以下を確実に実行します

  • ユーザ認証に成功し、脅威にさらされていないことが確認されたデバイスにのみ、リソースへのアクセスを許可
  • デバイスや認証情報に依存しないデータのセキュリティ確保
  • 個々のアプリやサービス、データリクエストへのアクセスを許可する前に認証をリクエスト

VPNよりも優れた最新のセキュリティ

欠点はひとつもありません

JamfのリモートセキュリティとAppleのセキュリティおよびプライバシーのフレームワークの連携で実現すること

  • Appleのために設計されたセキュアなリモートアクセスと、暗号化による業務データの保護
  • 危険なデバイスからのアクセスを自動的に無効化して企業データを保護
  • 最小特権の原則の元にリソースを保護するマイクロトンネル

電子書籍

ゼロトラストネットワークアクセス 初心者ガイド

当ガイドでは、認証に対するアプローチを見直し、組織やユーザを第一に考えながら将来的なニーズに応えていく方法をご紹介しています。

電子書籍

ゼロトラストへの信頼:より最新のセキュリティアプローチへの切り替え

ゼロトラストとは、働き方が多様化した現代において、「何も信頼しない」ことを前提に対策を講じたアプローチで、より効果的なセキュリティを実現するモデルです。このe-Bookでは、真のゼロトラストを達成するための3つの指針を説明します。

コンテキストアウェアなアクセスポリシー

コンプライアンス管理にJamfを使用することで得られるもの

  • 要件の認証に基づきアクセスを許可または拒否するポリシー
  • 登録されたデバイスを認証するためのきめ細かい構成または要件
  • 常時接続かつ低遅延のセキュアな接続により、エンドユーザのプライバシーを保護
  • データセンター、クラウド、SaaSアプリで統一されたポリシーの適用

電子書籍

初めてのアイデンティティ管理

アイデンティティ管理の基本と、ユーザのアイデンティティや特定のシステムへのアクセスレベルを確認するためにそれを活用する方法についてご紹介します。

インフラではなく、リスクを管理する

Jamfによるリモートアクセスで実現すること

  • リスクデータのリアルタイム評価によって、デバイスの健全性を評価し、危険にさらされたエンドポイントの機密情報へのアクセスを阻止
  • 複雑なハードウェアやソフトウェアの管理または高額なサポート契約を必要としない、クラウドベースのインフラ統合
  • プライバシーを守りながらセキュアなビジネス接続を実現するスマートなスプリットトンネリング技術
  • 障害が発生した際に、バッテリー駆動時間とパフォーマンスを最大化しながらシームレスな再接続を実現

Jamfに興味をお持ちの方はこちら