リモートJamf 240コース

ご自宅からJamf Certified Tech - Jamf Schoolの資格を得る方法についてご紹介します。

「リモートJamf 240」コースでは、Jamf Schoolの基本的な知識を得るとともに、iOS、iPadおよびmacOSプラットフォームの教育機関における利用について学ぶことができます。Jamf Schoolについて最適な環境で学べるよう、実践とディスカッションに基づいたレッスンをご用意しています。

※このコースは現在、英語のみで受講いただけます。

トピック

  • Jamf Schoolの紹介と構成
  • ユーザグループとレッスンの作成
  • 自動デバイス登録を利用したコンピュータとモバイルデバイスの登録
  • デバイスのグループ化と共有iPadの構成
  • プロファイルとクイックアクションコマンドを使用したデバイスの管理
  • コンピュータやモバイルデバイスへのアプリやコンテンツの配布
  • Jamf Teacher/Parent/Studentの各アプリの構成
  • コンピュータに導入するパッケージの作成と管理
  • 校内でのデバイス追跡用のインシデントタイプの作成

コース概要

  • 2日間のオンラインレッスン(午前9時〜午後5時まで)

  • サーバインフラストラクチャ(受講期間中はJamf School専用サーバを使用)

  • デジタル教材

  • 認定試験(コース修了後45日以内に受験可能)

  • Jamf Certified Tech - Jamf Schoolバッジ(認定試験に合格した方のみを対象に発行、3年間有効)

受講資格

  • iOS、iPadOS、macOSに関連する実務経験

ご用意いただくもの

  • 安定したインターネット環境(少なくとも10.0Mbpsのダウンロード速度と5.0Mbpsのアップロード速度)

  • macOS Sonoma 14のいずれかのバージョンが搭載され、管理者権限を持つMac(検証用または本番環境)

  • iPadOS 17(バージョンは問わない)が搭載された検証用のiPad

  • 必須ではありませんが、外部モニターの用意を推奨します

ご注意ください:

「検証用」とは、コースの実施前および実施後に完全に消去でき、監視が可能で、クラス内でJamf Schoolに登録できるデバイスやコンピュータを指します。

検証用のデバイスやコンピュータは、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 現在MDMサーバに登録されていない、もしくは自動デバイス登録の対象になっていないこと
  • Apple Business ManagerまたはApple School Managerに提携、または割り当てされていないこと

iPadをお持ちでない場合は、上記の条件を満たした検証用のiOSデバイスで代用いただくことも可能です。また、物理的な検証用コンピュータの代わりとしてmacOSの仮想マシンを使うことはできません。

コースへのお申し込み

Jamfアカウント経由でお申し込みいただくか、こちらのフォームからお問い合わせください。

詳細については当社のトレーニングポリシーをご参照ください。