Jamf Threat Defense

ユーザ、デバイス、および組織データを悪意から保護します

Appleの成長により、さらなる脅威防御が必要となっています

Appleは、市場で最もセキュリティに強く、特別な設定なしに使用できるプラットフォームの1つを構築しています。 しかし、Appleは執念深い攻撃者からますます標的として狙われるプラットフォームになっています

Jamf Protectは、Macのエンドポイントのコンプライアンスを維持し、macOSのマルウェアを防止することでウイルス対策のニーズに対応するとともに、Mac特有の脅威を検出して修復するのに役立ちます。 Threat Defenseは、通知と修復のためのトップクラスのアプリを使用したモバイル脅威検知とゼロデイフィッシング防御により、iOSエンドポイントが危険にさらされるのを防ぎます。

JamfとThreat Defenseの組み合わせは、エンドユーザへの影響を最小限に抑えながら、Appleユーザを悪意から保護することに完全に特化したソリューションとなります。

Threat Defenseの機能

高度な機械学習

高度な機械学習と脅威インテリジェンスエンジンMI:RIAMを使用して、未知の脅威も識別して防止します。

ネットワーク内での保護

デバイスが影響を受ける前に、フィッシングサイトや悪意のあるドメインなどのゼロデイ脅威をリアルタイムでブロックします。

リアルタイムのインサイト    

直感的な管理ポータルを通じて、リスクに関するリアルタイムのインサイト を受け取り自動化されたポリシーアクションを構成します。

比類のない統合性

他のどのセキュリティベンダーよりも多くのUEMとSIEMとのパートナーシップ、およびJamf risk APIにより、既存のセキュリティ投資を最大化し、脅威に対するインサイトを活用します。

ユーザプライバシー

個人データのフィッシングに対する暗号化と保護により、オンラインプライバシーを守ります。高度なプライバシー機能により、規制遵守を実現します。

あらゆるデバイスとオーナーシップモデル

ビジネスを保護しつつも、エンドユーザが望むモデルを提供することでユーザを支援し、BYOD、COPE、COBOを問わず、すべてのデバイスとオーナーシップモデルの使用を安全にします。

Threat Defenseのデモにお申込みください