Jamf Protect Mac専用に構築されたエンドポイントセキュリティ

Jamf Protectが選ばれる理由

Appleの強固なセキュリティをさらに強く

Appleデバイスが強固なセキュリティを誇ることは周知の事実かと思います。しかし、デフォルトの防御だけでは、セキュリティを打ち破ろうと挑戦を続けるハッカー達からの攻撃を完全に防御することはできません。

他のOS用に構築されたセキュリティツールをAppleに適応させるのではなく、既存のAppleのセキュリティと協調するソリューションが必要です。

Jamf Protectは、より優れた防止策、より強力なコントロール、より広範な可視化と修復機能で、Appleの中核的なセキュリティ機能を強化します。Jamf ProtectはmacOSのエンドポイントセキュリティフレームワークと連携しており、MontereyやApple Siliconを含む最新のAppleソフトウェアとハードウェアをリリース日からサポートします。これによりお客様は、私たちのスケジュールではなく、お客様のスケジュールでデバイスをアップグレードすることができます。

防御と検出

お客様の環境に合わせたMacへの脅威対策とイベントの完全な可視化

Macを狙ったマルウェアに関する幅広い知見

Jamf Protectは、既知のMac固有のマルウェア、アドウェア、ランサムウェアが実行されるのを防ぎます。既知のmacOSマルウェアを防御、隔離し、さらに一部の未知の脅威も防御します。

悪意のあるアプリケーション、スクリプト、ユーザアクションをリアルタイムで警告

macOS上の動作を熟知したJamf Protectは、お客様の環境に適応し、以下の機能と共にダウンタイムを最小限に抑えます。

  • 行動分析 - 疑わしい、または悪意のあるアクティビティを検出します
  • カスタマイズされた分析 - Jamf Protectによる分析をお客様独自の環境に合わせてカスタマイズできます
  • 脅威ハンティング - お客様の環境を標的とする脅威を追跡します
  • MITRE ATT&CKフレームワーク - コア分析によってアクティビティをマップします

攻撃を受ける前に事前に防御

フィッシングやマルウェアのようなサイバー脅威がユーザやデバイスに危害を加える前に事前に防ぎましょう。Jamf Protectは、コマンド&コントロール(C2)トラフィックだけでなく、リスクのあるドメインを防ぐ、ユーザと組織を安全な状態を維持します

監視と修復

組織のMacデバイス全てを監視でき、業務への影響を最小限に抑えながらデバイスとユーザの保護を実現します

デバイスの健全性、脅威ハンティング、コンプライアンスなどに関する組織のMacの状況を詳細に把握することができます

Jamf ProtectとJamf Proは、デバイスがOSのハードニング設定から外れると即座にアラートを出し、デバイスを元の状態に戻すことができます。

macOSセキュリティツールの可視性 - macOSセキュリティツールのアクティビティをすべて表示します

ログ転送の一元化 - カスタマイズ可能なフィードにより、macOSのユニファイドログデータをお客様のSoR(System of Record)に送り、可視化とコンプライアンスを実現します

CISベンチマーク - Jamfを使用すれば、デバイスの安全なベースラインがCIS macOSベンチマークに準拠していることを強制、監視できます。

業務を妨げることなくユーザを保護します

Jamf Protectを利用すれば簡単にマシンを隔離し、望ましくないファイルを消去してデバイスを信頼できる状態まで戻すことができ、さらにこれらの作業を自動化できます。

Jamf ProtectとJamf Proを使うことで、IT部門がすでにMac管理に使用しているツールを使って、インシデント対応を手動または自動で実施できます。

コンプライアンス コンプライアンス要件への準拠とMacデバイスのパフォーマンス最適化を同時に実現します

強力なセキュリティポリシーでリスクを最小化

リアルタイムでの可視化を実現 - バックグラウンドで発生している事象を追跡し、リスクが深刻化して収拾が困難になる前に軽減できます

状況把握の重要性 - ユーザのアクティビティをはじめとする最も重要なネットワークやシステムプロセスをリアルタイムで可視化することで、エンドポイントにおける監査コンプライアンス目標の達成に役立てることができます。IT部門は必要に応じて直ちに調査、緩和、修復を実施できるようになります

規制の遵守 - 難しい設定不要でプロセスをCISベンチマーク基準に合わせることができます

データのリアルタイムストリーミング - Jamf ProtectのCompliance Reporterで取得したコンプライアンスデータや監査データをデータ分析ツールと組み合わせることで、コンプライアンス違反を最小化できます

Organizations working together, connected by Jamf.

インテグレーション アプリの統合やAPIアクセスなど、次の段階へ

機能のさらなる強化 -Jamfのソフトウェアとサードパーティ製品を組み合わせることで、メッセージングアプリ経由でお使いのスマートフォンやその他のモバイルデバイスにリアルタイムで通知する機能を追加できます。アラートをSIEMやダッシュボードソリューションに転送することでデータの視認性を改善できます。ただしこれはほんの一例です。

既知の信頼されたアプリとの連動-SIEMソリューションへレポーティング、IdP(アイデンティティプロバイダ)を介した企業の認証プロセスの管理、カスタマイズされたダッシュボードでのエンドポイントにおけるヘルスデータの可視化によってリスクを最小化します。

強力なAPIアクセス -最新のアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用することで、IT部門はターミナルを介してJamf Protectを管理することができます。これにより複雑なスクリプトを簡単に作成できるようになります。APIへのアクセスは、すべてのファーストパーティおよび数多くのサードパーティ製セキュリティアプリとのこれまでにない統合を可能にし、Macで利用できる保護機能のさらなる強化を可能にします。

今すぐJamfを体験

行動分析のパワーを活用しましょう。

Jamf Protect

Macに特化したエンドポイントセキュリティ
お問合せください