インベントリ管理

お客様の環境に関するすべての情報を把握できます

A woman works on an iPad.

もうデバイスやユーザを放っておくことはありません

多くのユーザ、デバイス、アプリケーションが存在するインベントリ管理は大変な作業です

インベントリ情報の収集を自動化することで、環境を360度くまなく見渡すことができ、対策が必要な場所を正確に把握できます。

An action from the cloud targets specific devices from a larger group.

Appleのインベントリデータを活用しましょう

まさしく、JamfがITやユーザ、ハードウェアの効率性を確保するために常に行っていることです

Jamfでインベントリ管理を始めましょう

  • インベントリの自動収集
  • すべての情報を整理する
  • レポートをエクスポートして、コンプライアンスやアクションを示す

すべてのデータが揃った後は、スマートグループを設定して、ユーザやハードウェアの詳細、ソフトウェアのバージョン、セキュリティ設定などを把握することができます。 

常に、以下のような情報を可視化できます

ハードウェアデータ

  • デバイスのタイプ/モデル/名
  • シリアル番号
  • 機器固有識別子(UDID)
  • バッテリレベル

セキュリティ

  • 暗号化のステータス
  • システム構成
  • ソフトウェアの制限
  • ジェイルブレイク(ルート化)の検出

管理データ

  • 管理されたステータス
  • 監視されたステータス
  • IP アドレス
  • 登録方法

ソフトウェアデータ

  • OS バージョン
  • インストールされたアプリケーション
  • アプリケーションのバージョン
  • ストレージ容量

追加データ

  • プロファイルのインストール
  • 証明書のインストール
  • 購入情報
  • アクティベーションロックのステータス
Targeting and app reporting go through a cloud into a MacBook.

スマートターゲティングとアプリレポート

インベントリ管理を思うがままに

スマートターゲティング

Jamf Proは、定義したカスタムインベントリ属性を含む、管理下にあるすべてのデバイスのインベントリ情報の詳細を収集し、アップデートが必要なデバイスを簡単に特定できます。Apple インベントリ管理ソフトウェアにJamfを使用すると、インベントリ基準に基づいてグループを作成し、特定の個人やグループに対してデバイス管理タスクを自動的に実行、及びユーザが必要なにJamf Self Serviceを使ってアイテムを入手することができます。

アプリレポート

最新のソフトウェアを入手するためにも、最新でないアプリによるセキュリティリスクを回避するためにも、アプリが最新であることを確認することは、アプリのライフサイクル管理の重要な要素です。ソフトウェアの状態を完全に可視化することで、環境にインストールされているすべてのアプリのタイトルとバージョンを報告し、コンプライアンスを証明するなど対策を講じることができます。