メインコンテンツに移動

Jamfトレーニングコースの方針

トレーニングコースマニュアル

基調を含む Jamf のトレーニングコース資料は、Jamf の機密・専有情報であり、適用される著作権法で保護されています。かかる資料のお客様による複製、再発行、配布、開示、公開、またはトレーニングコース以外の目的での利用を禁じます。お客様は本トレーニングコース資料に含まれる、または資料上に記載された所有権の表示または説明文を改変または削除してはなりません。本ポリシーに違反した場合、Jamf が法律上または衡平法上保有するその他の救済手段に加えて、トレーニングコースからの即時退出、今後の Jamf トレーニングコースへの参加禁止、および/または組織および/または個人の Training Pass (該当する場合)の失効となる場合があります。

障害をお持ちの受講者向け宿泊施設

お住まいの地域または国の適用法令に従って、トレーニングコースおよび/または認定試験中の特別宿泊施設対象条件を満たす障害をお持ちの方は、手配の関係上、トレーニングコースの初日から遅くとも 20 営業日前までに Education Services までご連絡ください。

プライバシー

Jamf は、当社のお客様のプライバシーを遵守し、個人情報を保護することをお約束します。当社のプライバシーポリシー、および適宜変更される改訂版で認められているものを除き、個人情報は使用しません。

トレーニングコースへの登録

料金:

Jamf(JAMF Software LLC)が提供するトレーニングコースおよび認定試験は、トレーニングコース開催前に全額お支払いいただきます。クレジットカード、発注書(PO)、および組織または個人の Training Pass でのお支払いをお受けしています。

必須条件

標準および基本レベルの適格性を保つべく、アドバンストレーニングコースへの登録にあたって Jamf はお客様に事前認定書を取得していただくよう要求する権利を有します。

注意:必須条件を満たさない同僚またはスタッフメンバーのコース予約はできません。

* * Casper Suite バージョン 9 の認定書取得により、Jamf Pro コースの必須条件を満たしたこととなります。

コースの必須条件:

Jamf 100 コース

  • 必須条件なし

Jamf 200 コース

  • 必須条件なし
  • Jamf 100 コース(強くお勧めします)

Jamf 300 コース

  • 受講者は以下の認定書のいずれかを取得していなければなりません。
  1. Jamf Certified Tech
  2. Jamf Certified Admin
  3. Casper Certified Technician (CCT) v9
  4. Casper Certified Admin (CCA) v9
  5. Casper Certified Expert (CCE) v9

Jamf 400 コース

  • 受講者は以下の認定書のいずれかを取得していなければなりません。
  1. Jamf Certified Admin
  2. Jamf Certified Expert
  3. Casper Certified Admin (CCA) v9
  4. Casper Certified Expert (CCE) v9

Jamf 350 コース

  • 必須条件なし
  1. コマンドラインインターフェイスでスクリプトや構成ファイルを操作する経験、Windows や Linux の知識、仮想マシンのセットアップ/使用/操作、広範な Jamf Pro の機能およびデバイス管理に関する理解(強くお勧めします)

ビザが必要なお客様:

トレーニングコースまたは認定試験に参加するにあたってビザが必要となる場合は、コースまたは試験開始日から10~12週間前に申請を完了しておくことをお勧めします。ビザの要件は国ごとに異なるため、トレーニングコースまたは認定試験の登録を行う前に、お客様の責任において居住国の要件を調査・理解するようにしてください。必要書類を取得していないお客様は、概説されているキャンセルポリシーの対象となります。Visa Invitationレターをご要望の方は、Education Serviceまで書面にてご請求ください。Invitationレターは、お客様がトレーニングコースまたは認定試験への登録が完了し、全額お支払いいただいた後で提供されます。

Jamf は紛失、盗難、滅失については一切の責任を負いません。

キャンセルと再予約

Jamf 側のキャンセル:

Jamf はトレーニングコースをキャンセルする権利を有しますが、少なくとも 4 週間前にお客様に通知するように努めます。

この場合、特定のトレーニングコースへの登録が既に完了しているお客様は、以下のいずれかを選択できます。

  • トレーニングコースをクレジットカードまたは PO で購入した場合は、全額払い戻しを要求する。
  • 同じトレーニングレベルの参加可能な代替コースを Jamf Nation Storeから選択する。

悪天候または自然災害の場合、交通費および/または宿泊費の取消手数料を含む(ただしこれらに限定されない)、コースのキャンセルによって生じた費用については一切の責任を負いません。

お客様側のキャンセル:

クレジットカードまたは発注書(PO)で購入されたコース登録は、キャンセルがトレーニングコースの開始日の遅くとも 10 営業日前までに行われた場合は全額払い戻しの対象となります。予定されているコースをキャンセルしていないお客様は全額負担する責任を負います。

お客様が酌量すべき事情によりトレーニングコースまたは認定/再試験の開始前 10 営業日以内にキャンセルしなければならない場合、Jamf の裁量によりお客様は再度予約し直して、同じレベルの代替トレーニングコースに参加できるものとします。このような場合は、Education Servicesにご連絡のうえ、できるだけ早期にお知らせください。

組織および個人の Training Pass を介したJamf のトレーニングコースおよび検定/再試験の登録は、Training Pass の期間中は、2 回までのキャンセル遅れ*/非到着** が認められています。キャンセル遅れ/非到着が 3 回目となると、Training Pass が無効化されます。

*キャンセル遅れ - トレーニングコースまたは認定/再試験の開始日より 10 営業日前までに提供されていないキャンセル通知。

**非到着 - トレーニングコースの1日目と2日目に参加していないこと。1日目と2日目に参加しない、または認定再試験に参加しないと、クラス名簿から削除されます。

トレーニングコースの開始前であればいつでも登録者の差し替えが可能です。必須条件が適用されます。

認定試験

登録されたお客様は関連する認定試験を 1 回受けることができます。お客様が Jamf 200 コース、Jamf 300コース、または Jamf 350 コースに登録している場合、トレーニングコースの4日目に関連試験を受けることができます。Jamf 400 コースには関連する認定試験はありませんが、コース全体を通じて認定の得点を取得できます。

認定試験中は、メモ(手書きまたは入力された)やオンラインリソースを利用することは認められています。ただし、認定試験中のトレーニング教室内または外での通話は厳禁であり、即刻失格の理由となります。

本ポリシーへの違反が認められた場合、トレーニングコースから退出するよう要求され、1 回の認定試験受験資格を失います。以前に付与された資格は取り消されます。

試験の配点:

認定試験完了時には、講師によって点数が付与されます。基準を一定に保つため、評価キーが採用されています。試験結果は検定試験当日から1暦年間ファイルに保管されます。

試験結果:

試験結果については、3 営業日以内に、Eメールにてお客様に通知されます。

木曜実施の認定試験 - 結果は遅くとも翌火曜日の営業時間内に E メールにて送られます。

金曜実施の認定試験 - 結果は遅くとも翌水曜日の営業時間内に E メールにて送られます。

Jamf では、登録されたお客様以外と認定試験の結果を共有することはなく、今後もありません。ただし、お客様が認定資格を取得しているかどうかについては共有します。書面による要求を Education Services に提出する必要があります。

脱退:

お客様は認定が不要であれば試験に参加する必要はありません。その場合は、脱退できますが、トレーニングサイトを退出する前に認定試験用の紙に署名する必要があります。脱退は以下の認定試験で有効となります。

Jamf Certified Tech

Jamf Certified Server Admin

Jamf Certified Admin

トレーニングコースの4日目に参加されていないお客様は、関連する認定試験については自動的に放棄となります。

認定再試験:

Jamf Certified Tec 試験についてのみ再試験を実施しています。

お客様は以下の条件をすべて満たす場合に再試験に登録する権利を有します。

Jamf 200 コースを完了(4 日間)している

トレーニングコースの最後で実施された認定試験で合格点を取得していない

トレーニングコースの最後で実施された Jamf Certified Tech 試験を受験した

再試験への登録は、必ずトレーニングコースの最終日から 120 暦日以内に行う必要があります。

Jamf Certified Tech の再試験は毎月ホームオフィスで実施されます。Jamf のホームオフィスはアムステルダム、ロンドン、ニューヨーク、ミネアポリス、クパチーノ、シドニーにあります。

再試験後に認定の取得に失敗した場合は、再度トレーニングコースを受講していただく必要があります。

登録については、最寄りの Customer Success Specialist までお問い合わせください。

認定

認定は、以下のスコアを取得することで付与されます。

Jamf Certified Tech の場合は 75% 以上

Jamf Certified Admin の場合は 80% 以上

Jamf Certified Server Admin の場合は 75% 以上

Jamf Certified Expert の場合は 80% 以上

Jamf Nation 記章:

試験が問題なく完了すると、登録中に使用された E メールアカウントに記章が割り当てられます。認定の記章は、現行の Jamf Pro メジャーバージョンおよび 1 つ前のメジャーバージョンについて有効です。メジャーバージョン 9 より前の Casper Suite については、表示されません。

有効性:

認定は、試験が実施された特定の Jamf Pro のメジャーバージョンに有効です。Casper Suite 9.x について取得された認定は、Casper Suite 9.x についてのみ有効であり、Jamf Pro 10.x については無効です。Jamf Pro 10.x について取得された認定は Jamf Pro 11.x がリリースされるまで有効です。