Jamfトレーニングコースポリシー

Jamfのトレーニングコースに登録し受講する際は、以下のトレーニングコースポリシーを順守してください

トレーニング中の行動について

Jamfは、親しみやすく、ユーザの皆様を惹きつけ、参加者の皆様がお互いを尊重し合える学習環境を提供し、維持することをお約束します。トレーニング中の質問は歓迎しますが、トピックに沿った質問を心がけてください。また、トレーニングの講師や他の参加者に敬意を払うようにしてください。口頭やチャットによる、人種差別、性差別、不公平、中傷、わいせつ、ハラスメント、侮辱、敵対的、および職場で不適切と見做されるようなコメントはしないでください。上述のような発言、またはその他ハラスメント、不適切、妨害的行為をした方に対し、Jamfは独自の判断でトレーニングや試験から退出させる権利を有します。Jamfが退出を決定した場合、そのクラスに戻ることはできず、今後Jamfのトレーニングコースや試験を受けられなくなる可能性があります。退出が決定した方対し、Jamfが負う責任は、お支払いになった授業料、あるいは試験料の返金のみになります。

トレーニングコースの教材の所有権

KeynoteをはじめとするJamfトレーニングコースの教材(以下「トレーニング教材」といいます)は、Jamfの機密情報であり、専有情報です。トレーニング教材の全知的財産権はJamfに帰属します。トレーニング教材を使用できるのは、Jamfのトレーニングコースで必要な場合に限られ、トレーニング教材を複製、配布、公開、参加者以外への共有、またはその他の目的で使用することはできません。トレーニング教材に収録、記載された所有権表示や凡例の変更、削除、および第三者への提供を禁じます。ポリシーに違反した場合、Jamfは普通法または衡平法に基づくその他の救済措置に加え、違反された方をトレーニングコースから直ちに退出させ、Jamfのトレーニングコースへの参加を今後禁止し、該当する場合には、組織および個人のトレーニングパスを無効にする権利を有します。

レコーディングポリシー

トレーニングコース中の画面や音声の録画、録音を含む、Jamfの活動の記録は、固く禁じられています。いかなる方法であれ、関連するトレーニング教材の共有、コピー、画像投稿、ならびに複製を禁止します。

特別な支援を必要とする方に向けた対応

Americans with Disabilities Act(ADA)、またはお住まいの地域、国のその他該当する法律に従って、トレーニングコースおよび/または認定試験の期間中、特別な対応が必要な方は、トレーニングコース開催の20営業日前までにEducation Servicesにご連絡ください。

プライバシー

Jamfはお客様のプライバシーを遵守し、個人情報を保護することをお約束します。個人情報は当社のプライバシーポリシー、および適宜変更されるプライバシーポリシーの改訂版に記載されている用途以外には使用しません。

トレーニングコースへの登録

料金:
Jamfが提供するトレーニングコース、および認定試験の受講料、受験料については、トレーニングコース開始前に全額お支払いいただきます。クレジットカード、発注書(PO)、および組織または個人のトレーニングパスによるお支払いに対応しています。

受講要件:
Jamfは各トレーニングコースレベルを一定水準以上に保つべく、お客様がトレーニングコースに登録する際に、過去に取得した認定書を提出するように要求する権利を有します。

注意:受講要件を満たさない場合、受講予約はできません。

コース別受講要件

  • Jamf 100コース

    • 受講要件なし
  • Jamf 200コース

    • 受講要件はありませんが、Jamf 100コースを修了しておくことを強く推奨します
  • Jamf 300コース

    • 受講者は以下いずれかの認定資格を保有していること
    • Jamf Certified Tech
    • Jamf Certified Admin
    • Casper Certified Technician(CCT)v9
    • Casper Certified Admin(CCA)v9
    • Casper Certified Expert(CCE)v9
  • Jamf 370コース

    • 受講者は以下いずれかの認定資格を保有していること。
    • Jamf Certified Tech
    • Jamf Certified Admin
    • Jamf Certified Expert
  • Jamf 400 Course

    • 受講者は以下いずれかの認定資格を保有していること。
    • Jamf Certified Admin
    • Jamf Certified Expert
    • Casper Certified Admin(CCA)v9
    • Casper Certified Expert(CCE)v9

ビザが必要なお客様:
トレーニングコースまたは認定試験に参加するにあたってビザが必要となる場合は、トレーニングコース、または試験の開始日から10~12週間前に申請を完了しておくことをお勧めします。ビザの要件は国ごとに異なるため、トレーニングコースまたは認定試験の登録前にお客様の責任において、要件を調査および理解するようにしてください。必要書類の入手ができなかった場合には、このページに記載のキャンセルポリシーが適用されます。ビザのインビテーションレターをご要望の方は、Education Serviceまで書面にてご請求ください。インビテーションレターは、お客様のトレーニングコースまたは認定試験への登録が完了し、トレーニングコース、および認定試験の受講料、受験料を全額お支払いいただいた後にご提供します。

キャンセル、スケジュール変更、有効期限

Jamf 側のキャンセル:
Jamfはコースをキャンセルする権利を有し、遅くとも4週間前にお客様に通知するように努めます。トレーニングパスと購入した各トレーニングコースを受講する権利は購入日から1年間有効です。したがって、購入から1年以内にコースへの登録と受講を完了する必要があります。未使用の各トレーニングコースを受講する権利およびトレーニングパスは購入から1年後に有効期限となり失効します。

登録いただいたトレーニングコースをJamfが中止した場合、以下のいずれかの対応を選択いただけます。

  1. 全額払い戻し(クレジットカード、または発注書でトレーニングコースを購入した場合)
  2. 代わりに参加可能な同レベルのトレーニングコースをJamf Nation Storeから選び、参加する

悪天候や自然災害による中止を含むいかなる理由であっても、Jamfがコースを中止したことでお客様が負担する交通費や宿泊費などの追加費用については、Jamfは責任を負いません。

お客様側のキャンセル/スケジュール変更:
クレジットカードまたは発注書で支払われたコースへの登録、認定試験、再試験のうち、開始日の10営業日前までのキャンセルについては、全額払い戻しの対象となります。登録したコースのキャンセル、またはスケジュール変更のお手続きをしていないお客様は払い戻しの対象外となります。

お客様がやむを得ない事情によりトレーニングコース、または認定試験/再試験をキャンセルしなければならない場合、開始前10営業日以内でもJamfの裁量により、代わりとなる同レベルのトレーニングコースをお客様がスケジュール変更して受講することを許可する場合があります。やむを得ない事情がある場合には、早急にJamfトレーニングにその旨お伝えください。

組織向けまたは個人向けトレーニングパス経由でJamfのトレーニングコースおよび認定試験/再試験に登録した方は、遅延キャンセル*/ノーショー**が2回まで認められています。3回目の遅延キャンセル/不参加でトレーニングパスが失効します。

*遅延キャンセル-トレーニングコースまたは認定試験/再試験の開始まで10営業日を切ってから連絡を受けたキャンセル通知/リクエスト
**ノーショー-トレーニングコースの1日目と2日目を欠席すること初日と2日目の授業を欠席、または認定試験/再試験を欠席すると名簿から削除されます。

トレーニングコースの開始前であればいつでも、登録した受講者をお客様の組織内の方に変更することができます。変更した場合にも受講要件は適用されます。

認定試験

登録されたお客様には、対応する認定試験を1回受験する権利が与えられます。

  • Jamf 200コース:Jamf Certified Tech試験は選択問題と実技で構成されています。試験はコース最終日に実施されます。
  • Jamf 300コース:Jamf Certified Admin試験は3段階のシナリオと実践的なタスクで構成されています。試験はコースの最終日に実施されます。
  • Jamf 370コース:Jamf Certified Endpoint Security Admin試験は、選択式と実践的なシナリオを含む3つのセクションで構成されています。試験はコースの最終日に実施されます。
  • Jamf 400コース:Jamf Certified Expert試験は、4段階のシナリオで構成されています。試験はコース中適宜実施されます。

認定試験中、メモ(手書きまたはキー入力)やオンラインリソースの参照が認められています。ただし、認定試験中のトレーニング教室内外での他者とのコミュニケーションは厳禁であり、即刻失格の理由となります。

なお、リモートJamfコースでは、認定試験中カメラをオンにしてください。

本ポリシーへの違反が認められた場合、トレーニングコースから退出するよう要求され、認定試験を1回受験する権利を失います。加えて、それ以前に付与された資格も取り消されます。

試験の配点:
認定試験終了後、インストラクターが採点します。基準を一定に保つため、評価キーが採用されています。試験結果について質問がある場合は、認定試験から14日以内に書面でEducation Servicesに提出する必要があります。Jamfは、試験で解答した問題の採点結果の詳細については回答しません。代わりに試験項目ごとの概要を解説します。

試験結果は認定試験日から1年間ファイルに保管されます。

試験結果:
試験結果は3営業日以内にメールでお客様に通知されます。

  • 木曜日に認定試験を受験した場合-結果は遅くとも翌火曜日の営業時間内にメールで通知されます。

  • 金曜日に認定試験を受験した場合-結果は遅くとも翌水曜日の営業時間内にメールで通知されます。

Jamfが登録されたお客様以外と認定試験の結果を共有することはありません。ただし、書面で、お客様からお客様の資格取得の有無について、Jamfが第三者に情報提供することを許可を得た場合にはどの限りではありません。書面での申請はEducation Servicesに提出する必要があります。

登録の解除:
認定が不要な方は受験は不要です。登録が解除され、受験する権利を1回喪失します。将来的に再受験を希望される場合は、トレーニングコースに再登録していただく必要があります。

トレーニングコースの最終日を欠席したお客様は、認定試験から自動的に登録解除されます。

認定再試験:
Jamf Certified Tech試験のみ再試験を実施しています。

以下の条件をすべて満たす場合に、再受験に登録することができます。

  • Jamf 200コースを全日受講済み
  • トレーニングコースの最後に実施された認定試験で合格点に達しなかった
  • トレーニングコースの最後に実施されたJamf Certified Tech試験を受験済み

トレーニングコースの最終日から120日以内に再試験への登録と再受験を完了する必要があります。

Jamf Certified Techの再試験は、様々なタイムゾーンで月に1度リモートで実施されます。

再試験で認定を取得できなかった場合は、再度トレーニングコースを受講する必要があります。

登録については、カスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください。

認定

それぞれの試験において、以下のスコアを取得することで認定書が付与されます。

  • Jamf Certified Tech-75%以上

  • Jamf Certified Admin-80%以上

  • Jamf Certified Expert-80%以上

  • Jamf Certified Endpoint Security Admin-80%以上

Jamf Nation Badge:
試験に合格すると、登録時に使用したメールアカウントにバッジが送られます。認定バッジは、現行バージョンのJamf Proおよび、1つ前のメジャーバージョンにおいて有効です。Casper Suiteバージョン9以前のものには表示されません。

有効性:
認定は、試験が実施されたJamf Proのメジャーバージョンにのみ有効です。Casper Suite 9.xで取得した認定は、Casper Suite 9.xにのみ有効であり、Jamf Pro 10.xには無効です。Jamf Pro 10.xで取得した認証はJamf Pro 11.xがリリースされるまで有効です。

以下のコース認定は一定期間だけ有効です。

  • Jamf Certified Endpoint Security Admin-発行日から2年間有効です。

リモートJamfコース

受講環境の準備(200、300、400):
Jamfのリモートトレーニングコース(200、300、400)に参加されるお客様は、次の環境を用意するようにしてください。

  • 5.0Mbpsの受信と3.0Mbpsの送信ができる安定したインターネット接続
  • macOS 11 Big Sur(バージョンは任意)かつ、カメラが動作するテスト用のMac(非本番機)
  • 試験時間中はカメラを必ずオンにしてください。
  • iPadOS 14(バージョンは任意)がインストールされたテスト用のiPad(非本番機)。
  • 注:Jamf 400コースの受講生は、テスト用のiPadを必要としません。
  • オプションですが、本番機または外部モニターの利用を強く推奨します。

受講環境の準備(370のみ):

Jamfのリモートトレーニングコース(370)に参加されるお客様は、次の環境を用意するようにしてください。

  • macOS 11 Big Sur(バージョンは任意)かつ、カメラが動作するテスト用のMac(非本番機)
  • 10.0Mbpsの受信と5.0Mbpsの送信ができる安定したインターネット接続。
  • 仮想インフラのため、提供されるVPN、特定のIPアドレスおよびポートへのアクセスが必要になります。その他ネットワークの詳細については、コース開始前にお知らせします。
  • 特定のIPアドレスへのアクセスをフィルタリングしていないネットワークと、ネットワークブロックするソフトを使用していないMacでの接続をお勧めします。
  • オプションですが、外部モニターの利用を強く推奨します。

お客様は、Jamfのリモートトレーニングコースへの参加にあたり、上記必要事項について理解し、同意するものとします。トレーニングではテスト(非本番)デバイスのみ使用してください。お客様はお客様のデバイス使用に伴うすべてのリスクを負い、Jamfのリモートトレーニングコースに参加する際に使用されるお客様のデバイスおよび機器に生じた問題について、Jamfがお客様に対して一切の責任を負わないことに同意するものとします。

対面でのJamfコース

Jamfの対面式クラスで発生した紛失、盗難、破損のクレームにJamfは責任を負いません。

また、トレーニングスペースの利用にあたっては、Jamfのオフィスか外部の施設かに関わらず、掲示されたルールやガイドラインに従ってください。