リモートJamf 200コース

オンライン講義で場所を問わず、Jamf Certified Techへ

リモートJamf 200コースでは、Jamf Proを理解する上で核となる内容を学ぶことができます。また、企業での利用に特化したmacOSとiOSプラットフォームについての試験を実施します。ハンズオン、かつ具体例を用いたJamf Proを学ぶために最適な学習環境を用意しています。

トピック​

  • Jamf Proサーバの概要
  • macOSデバイスへデプロイするコンテンツ(.pkg、.mpkgおよび.dmgパッケージ)の構築と管理
  • 自動MDM登録を使った、macOSとiOSデバイスの登録
  • macOSとiOSデバイスのセットアップと構成
  • ユーザー環境(構成プロファイル、.plist)の構成
  • macOSとiOSデバイスのセキュリティ
  • Apple Business Manager、またはApple School Managerを使用したApp Storeアプリの購入と配布
  • スクリプトに関する概要(Bash)
  • macOSとiOSデバイスの初期設定およびリフレッシュ/再イメージング
  • macOSデバイス上のオーナーシップと権限(POSIX、ACE/ACL)

ご用意いただくもの

  • 5.0Mbpsの受信と3.0Mbpsの送信ができる安定したインターネット接続
  • macOS 12 Monterey(バージョンは任意)がインストールされ、カメラが動作するテスト用のMac(非本番機)
  • iPadOS 15(バージョンは任意)がインストールされたテスト用のiPad(非本番機)
  • 必須ではありませんが、別途、本番用のコンピュータや外部モニターを用意することを推奨します。

コース概要

  • バーチャル教室で4日間(全日午前9時から午後5時まで)のオンライン講義
  • サーバインフラストラクチャ
  • デジタルコース教材
  • コース最終日の午後に認定試験を実施します
  • 認定試験に合格した方はJamf NationのプロフィールにJamf Certified Techバッジを表示できます

受講対象者

  • macOSとiOSの実務経験が豊富であること
  • Jamf 100コースを修了しておくことを推奨します

登録の準備はできましたか?

Jamf Nationからトレーニングパスを使って登録する、またはカスタマーサクセスマネージャ営業担当者までお問い合わせください。

詳細については、トレーニングポリシーをご参照ください。