ゼロタッチ導入

箱を開けてすぐにデバイスを使える状態へ

Wrapped Apple devices receiving deployment from the cloud.

ユーザへのデバイス登録と展開を自動化

ゼロタッチ導入とは、Mac、iPad、iPhone、Apple TVといったAppleのハードウェアを、IT部門がデバイスに触れることなく、何十、何百、何千という単位で展開できるようにすることを意味します

これはモバイルデバイスの普及に伴い、ハイブリッド、リモート、そして、グローバルに活動の幅が広がる中でかつてないほど重要なことです。ゼロタッチ導入はもはや一部のIT企業に特別なことではなく、ビジネスに不可欠となっています。JamfはApple Business ManagerApple School Managerとシームレスに統合されており、組織のルールに沿った設定やセキュリティコントロール、アプリケーションや書籍が設定されたApple デバイスをユーザに直接、自動的にデプロイできます。Appleデバイスのセットアップはこれまでになく簡単です。

デバイスの自動導入

ゼロタッチ導入を始めるには、次の3つのことを行う必要があります

  1. 準備
    モバイルデバイス管理システム(MDM)Apple Business ManagerまたはApple School Managerを使って、登録プロセスを設定します

  2. 購入
    Appleのハードウェアを購入し、IDクレデンシャルによって決定されたユーザにデバイスを割り当てます

  3. デプロイ
    Appleのハードウェアは、包装された状態でユーザに直接届きます。箱から出して電源を入れると、デバイスは自動的に企業のMDMシステムに登録され、ユーザは生産性の向上に必要なものをすべて手に入れることができます。また、IT部門がアプリケーションや書籍を調達、購入し、ユーザに直接配布することもできます

A user connected to a Mac computer and the cloud.

BYODユーザ登録

個人で所有しているデバイスをユーザ登録することができ、ユーザのプライバシーを保護しながら企業のデータを安全に保ちます。ユーザ登録では、個人のApple IDと個人のデータ、管理対象Apple IDと企業のデータを関連付けることで、個人のデータと企業のデータを分離し、デバイス全体ではなく、ユーザに関連する一連の設定を使ってデバイスを限定的に管理することができます。 

An account is provisioned on Mac, iPad and iPhone.

クラウドIDによるアカウント割り当て

従業員のクラウドID情報に基づいて、生産性向上のために必要な業務用アプリをデバイスに割り当てます。ユーザは、パスワードレス認証でデバイスにアクセスする時でも、パスワードを変更した場合でも、ローカルアカウントレベルまで同期された単一のパスワードでアプリケーションにアクセスすることができ、シームレスな体験により、仕事に集中することができます。また、すべてのログイン時に多要素認証を有効にすることで、適切な人がマシンやリソースにアクセスしていることを安心して確認できます。

ホワイトペーパー

Conditional Access: 境界ベースのセキュリティを超える

従来の境界ベースのセキュリティ モデルを見直し、ユーザーの ID を活用することが環境を守り、従業員の生産性を維持する最良の方法である理由を確認しましょう。