GoogleとJamfの統合

世界中の組織を支えるGoogleをJamfと統合し、セキュリティ、インフラを支援

A man and a woman siting next to one another, looking at a MacBook

JamfでAppleデバイスにGoogleのソフトウェアを展開し、2つのエコシステムをシームレスに統合

Googleはコンシューマ向け製品の多くに登場し誰もが知っています。例えば、検索、メール、ブラウザなど、インターネット上のあらゆる場所でGoogleのプラットフォームが利用されています。しかし、学校や企業のインフラをGoogleのプラットフォームが支えているということは、一般には、あまり知られていません。

世界中の企業のセキュリティと生産性を支えるGoogle Workspace、G Suite for Education、Google Chrome

A Jamf logo plugged into a Chrome logo

Google Chromeの導入と管理

Macでも他のモバイルデバイスでも、JamfとGoogle Chromeを利用すれば、安全でカスタマイズされたブラウジングが可能になります。

Google Chromeは世界中で20億人のインターネットユーザが使用しているブラウザで、JamfやAppleとの相性も抜群です。ユーザはもちろん、CISOも満足するように、Jamfは、Mac、iPad、iPhoneを使用するユーザがエンタープライズ向けに管理・カスタマイズされたブラウザにアクセスできるよう支援します。Jamf内で設定を管理する、あるいはシームレスにChrome Browser Cloud Managementにブラウザを登録することができます。

Jamf Pro and Jamf School connect with Google Cloud Identity.

Jamf ConnectとGoogle Cloud Identity

Jamf Connectにより、管理者はハードウェアとユーザ情報が保護されているという安心感を得ることができ、ユーザは仕事や学校の初日にセットアップを簡単に行うことができます。

また、Google Cloudを使用したMacアカウントのプロビジョニングと認証が強化されることで、IT管理者はローカルMacアカウントを簡単に設定および管理して、ユーザにG-Suiteの認証情報を求めることができるようになります。Jamf Connectがどのようにユーザを保護し、使いやすさを向上させるのかをご覧ください。

Jamf Pro links to Google Cloud Identity

Jamf Pro / Jamf SchoolとGoogle Cloud Identityの統合

多くの組織がオンプレミス型ディレクトリから移行する一方で、すでにGoogle Cloud Identityをご利用のお客様は、Google Secure LDAPにアクセスすることができます。

Jamfで構成すると、デバイス登録時の認証、管理対象デバイスごとのユーザ情報の同期、およびこれらの情報をスコーピングに活用することが可能になります。

Jamf Pro and Google Cloud Beyond Corp connected

BeyondCorp Enterprise の条件付きアクセス

Jamf ProとGoogle Cloud BeyondCorp Enterpriseを統合することで、管理者はネットワークの境界線ではなく、本人確認やデバイス情報などのコンテキスト属性を使用して、コンプライアンスやセキュリティのフレームワークを構築することができます。

BeyondCorp EnterpriseはJamf Proの管理ステータスをアクセスポリシーに共有することで、ユーザが企業のリソースやSaaSアプリケーションへのアクセスを許可されているかどうかを判断します。 現在はプレビュー中で、まもなく一般発売される予定です。

GoogleとAppleの組み合わせによるデジタル教育の強化

多くの学校が生徒の学習体験を豊かにするためにGoogleのサービスを利用しています。GoogleのサービスをAppleと組み合わせることで、高品質のアプリやブック、先生や保護者のためのパワフルなワークフロー、より良いコミュニケーションやコラボレーション、創造性につながるユーザ体験が得られるだけでなく、強化されます。

GoogleとJamfの統合にご興味をお持ちの方へ

Jamfで利用できるパートナーや統合のリストはJamf Marketplaceでご覧ください