MicrosoftとJamfの統合

AppleのOSやハードウェア上でシームレスに動作し、企業を支えるクラウドインフラ

A woman work on an iPhone.

Made possible with Jamf

全ての始まりは経営層にiPhoneが配布された時、または、マーケティング部門がMac Proを使い始めた時だったのかもしれませんが、今日、組織で活用されるAppleデバイスは増え続け、多くの組織がAppleデバイスの管理とMicrosoftのサービスの利用を同時に実現しなくてはなりません。Azure、Endpoint Manager、Office 365は、企業や学校の柱であり、IT部門の多くはセキュリティ要件をサポートしながら、エンドユーザに優れた体験を提供するという任務を任されています。

包括的なソリューションポートフォリオを持つJamfは、Microsoftサービスを利用する企業に幅広い機能を提供します。ユーザやAppleデバイスをMicrosoftの重要なインフラで管理、保護、および接続するのに役立ちます。

Appleで引き出すMicrosoftの力

Cloud with question mark and MacBook with key.

Mac向けの条件付きアクセス

リモート、そしてハイブリッドな環境が爆発的に増加し、企業や医療機関、学校でのAppleデバイスの使用が増える中、セキュリティの重要性はかつてないほど高まっています。

Appleのプラットフォームにある機能だけにとらわれる必要はありません。Jamf Proの管理者は、コンプライアンスに準拠したデバイスを使用する信頼できるユーザのみが企業の保護されたリソースにアクセスしているという安心感を得ることができます。Jamfは市場で初めて、Microsoftのサービスをメインで利用する企業へのコミットを示すセキュリティレベルを採用しました。

ホワイトペーパー

Conditional Access: 境界ベースのセキュリティを超える

従来の境界ベースのセキュリティ モデルを見直し、ユーザーの ID を活用することが環境を守り、従業員の生産性を維持する最良の方法である理由を確認しましょう。

Apple devices locked and shielded.

iOS向けデバイスコンプライアンス

世界中の企業が、ゼロトラストデバイスコンプライアンスの必要性を感じており、リモートワークをする人にとっては、テクノロジーが業務で体験する全てになります。そのため、コンプライアンスとセキュリティの重要性は強調してもし過ぎることはありません。

エンタープライズビジネスのスタンダードであるAppleとMicrosoftによるiOS向けデバイスコンプライアンスは、iOSデバイスを保護および管理する機能を向上させ、デバイスコンプライアンスを確保し、企業のAppleデバイス管理をサポートします。iOS向けデバイスコンプライアンスについては、ホワイトペーパー「Steps to Complete Microsoft Enterprise Compliance」をご覧ください。

Azure Active DirectoryとJamf Connect

企業がAzureのようなクラウドディレクトリサービスに移行するにつれ、デバイスやアプリケーション間で統一された認証体験を求める声が高まっています。

Jamf Connectは、アカウントのプロビジョニングを自動化し、一つのユーザ名とパスワードで従業員の全リソースのロックを解除できるようにすることで、Mac認証とアイデンティティ管理を合理化します。 オンプレミスのActive Directoryに縛られることなく、シームレスなパスワード同期を実現し、ITチケットを削減します。

Jamf Pro and Jamf School connect with Azure Active Directory.

Azure Active Directoryと連携したJamf ProとJamf Schoolのサポート

セットアップの際に認証を要求することで、新しいデバイスの導入を簡素化し、安全性を高めることができます。

これにより、Macに物理的デバイスのセキュリティレベルがもたらされ、モバイルデバイス管理(MDM)ソリューション内にユーザが自動的に割り当てられます。また、管理者は、既存のディレクトリグループを活用することで、スコーピングを合理化することもできます。

Jamf MarketplaceにおけるMicrosoft

Lock and shield for Microsoft Sentinel

Microsoft Sentinel

Jamf Protectは、Microsoft Azure Sentinelとネイティブに統合し、セキュリティに関連するすべてのデータやアラートを、Microsoft主体の企業が選択したSecurity information and event management(SIEM)に直接プッシュすることができます。

Power levels and settings: Mocrosoft Power Bl.

Microsoft Power BI

学校や企業がApple製品を採用する機会が増えるにつれ、これらのデバイスに関するレポートやメトリクスへの要求も重要性を増しています。例えば、デバイスの数、OSバージョン、暗号化ステータスなどに瞬時にアクセスできることが不可欠です。