Jamf Private Access

現代社会で生産性を高めるために必要なデバイス、アプリ、データに従業員を安全に接続します

ゼロトラストネットワークアクセスを実現します

これまで以上に多くの従業員がさまざまな場所からさまざまなデバイスを使って仕事をしています。 従来のネットワーク境界内からデバイスが接続されることはほとんどないため、組織は企業リソースへの安全なアクセスを確実にする必要があります。 Jamfでは、どこにいても、適切なユーザが準拠しているデバイスで許可されたリソースにアクセスしていることを確認できます。

Jamf ConnectとPrivate Access powered by Jamf は、クラウドアイデンティティプロバイダと統合し、企業リソースへの安全なアクセスを実現します。 Jamf Connectは、ユーザが単一のIDと生体認証を活用してMacやクラウドアプリケーションにアクセスすることを可能にしますが、Private Accessは、従来の条件付きアクセスやVPNテクノロジーに代わる真のゼロトラストネットワークアクセスソリューションです。 現在、Jamfプラットフォームの一部となっているこの機能は、ユーザがデバイスに認証後、業務外のアプリケーションがインターネットに直接ルーティングできるようにする一方で、業務上の接続を確実に保護します。さらに、エンドユーザのプライバシーを守り、ネットワークインフラストラクチャを最適化します。 ITにとって、サーバのデプロイ、証明書の管理、IPアドレスの設定などは過去のものです。

Private Accessの機能

ID中心のセキュリティモデル

許可されたユーザのみがビジネスアプリケーションに接続でき、データセンター、クラウド、SaaSアプリケーション間で一貫したポリシーの適用を実現します。

アプリケーションベースのマイクロトンネル

アクセスが許可されているアプリにのみユーザを接続します。 マイクロトンネルは、最小権限のアクセスを適用し、ネットワークの横方向移動(セキュリティ侵害の一般的なベクトル)を防ぎます。

最新のクラウドインフラストラクチャ

ハードウェアの管理および契約の更新や複雑なソフトウェアの構成のサポートは必要ありません。安全なアクセスを可能にするために、デバイスを管理する必要もなくなります。

IDサービスとの統合

シングルサインオン(SSO)でのユーザ認証が可能になり、証明書の管理が不要になります。

リスクを意識したアクセスポリシー

侵害された可能性があるユーザやデバイスからのアクセスを防ぐことにより、セキュリティを強化します。

統合アクセスポリシー

すべてのホスティングロケーション(オンプレミス、プライベートクラウドとパブリッククラウド、SaaSアプリケーション)、すべての最新OS、およびすべての管理パラダイムに対応しています。

高速で効率的な接続性

バッテリー駆動時間に影響を与えることなく、ビジネスアプリへの妥協のないアクセスを実現し、ユーザ体験を妨げることなくバックグラウンドで 動作します。

インテリジェントなスプリットトンネリング 

業務外のアプリケーションがインターネットに直接ルーティングできるようにする一方で、業務上の接続を確実に保護し、さらに、エンドユーザのプライバシーを守り、ネットワークインフラストラクチャを最適化します。

軽量なアプリケーション

アプリケーションが接続する必要がある場合はトンネルを自動的に確立し、中断した場合はシームレスに再接続します。

Private Accessのデモにお申込みください