Jamf Private Access | ゼロトラストネットワーク | ZTNA ハイブリッドワークの実現に必須の安全かつ効率的なリモートアクセス

必要なアプリとデータにユーザを接続

ユーザの保護と生産性の維持を両立

ユーザがどこにいても組織のリソースに安全にアクセスできるようにする必要があります。

適切なユーザが適切なデバイスを使用し、許可されたリソースだけにアクセスできるようにする必要があります。

ユーザがどこにいようと、どんなデバイスを使っていようと、従来のネットワーク境界内から接続することは殆どなくなりました。また、ネットワーク間を自由に移動するモバイルデバイスには、レガシーVPNに再接続を繰り返すという他にはない問題があります。

そこで、Jamf Private Accessは、ネイティブなAppleテクノロジーを利用した専用リモートアクセスを提供します。常時接続、低遅延で、ユーザが一日中自由に動き回ることのできる接続を提供します。また、Jamf Private Accessはエンドユーザのプライバシーを保護するので、従業員はセキュリティのために利便性を犠牲にすることはありません。

Private AccessとJamfプラットフォームの力

最新のゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)は、従来の企業向けVPNや条件付きアクセスのワークフローを置き換えるものです。

従来のオフィス環境からユーザが移行する際、VPNハードウェアの導入、証明書の管理、IPアドレスの設定が不要になります。

Jamf Private AccessとJamf Connectをクラウドアイデンティティプロバイダと統合することで、企業リソースへの安全なアクセスを実現します。

Jamf Private Accessが選ばれる理由

アイデンティティ中心のセキュリティモデル-許可されたユーザのみが業務アプリケーションに接続でき、データセンター、クラウド、SaaSアプリケーション間に一貫して適用されたポリシーの恩恵を享受できます。

アプリケーションベースのマイクロトンネル-アクセスが許可されているアプリにのみユーザを接続します。マイクロトンネルが最小権限のアクセスを適用し、ネットワークの横方向移動(セキュリティ侵害の一般的なベクトル)を防ぎます。

最新のクラウドインフラストラクチャ-ハードウェアの管理、サポート契約の更新、複雑なソフトウェアの構成が不要になります。ユーザの安全なアクセスのために管理者権限は不要です。

アイデンティティサービスとの統合-シングルサインオン(SSO)によるユーザ認証を有効にして、証明書の管理を不要にします。

リスク意識を高めたアクセスポリシー-侵害された可能性があるユーザやデバイスからのアクセスを防ぐことでセキュリティを強化します。

統合アクセスポリシー-各種ホスティング先(オンプレミス、プライベート/パブリッククラウド、SaaSアプリケーション)、各種最新OS、各種管理パラダイムに対応しています。

高速で効率的な接続性-バッテリー駆動時間に影響を与えずにビジネスアプリへの妥協のないアクセスを実現し、ユーザ体験を妨げることなくバックグラウンドで静かに動作します。

インテリジェントなスプリットトンネリング-業務上の接続を確実に保護する一方で、業務外のアプリケーションをインターネットに直接ルーティングしつつエンドユーザのプライバシーを守り、ネットワークインフラストラクチャを最適化します。

軽量なアプリケーション-アプリケーションが接続する必要がある場合はトンネルを自動的に確立し、中断した場合はシームレスに再接続します。

ゼロトラストネットワークアクセスの実現に向けて

まず、ユーザが場所を問わず仕事ができるようにするためのリモートアクセスを構築し、お客様のペースでセキュリティを強化できます。

きめ細かいアクセスポリシーを構築し、安全なデバイスのみが企業のアプリケーションとデータにアクセスできるようにします。さらに強力なのは、オンプレミスやSaaSのアプリケーションに対して個別にアクセスポリシーを作成する機能です。

安全なデバイスを使用する、信頼できるユーザだけが業務に必要な特定のアプリケーションにアクセスできるようにすることができます。エンドユーザにとって良い体験が提供されるだけでなく、組織にとってもより安全なソリューションが提供されます。