Jamf ブログ
January 7, 2015 投稿者 Daniel Weber

Apple モバイルデバイス管理について知っておくべき5つのポイント

Mobile Device Management (以下MDM) とは、iPhoneやiPad、Macなどのデバイスにデータや設定を配布するための手段です。

MDMを利用することで、メール、セキュリティ設定、アプリ、及びアプリの設定ができ、さらにはコンテンツをデバイスにプッシュすることができます。 ここでは、モバイルデバイス管理の仕組みについて、知っておくべき5つのポイントをご紹介します。

  1. Apple Business Manager は、ITチームや企業がモバイルデバイス管理ソリューションと連携しながら、デバイスの導入、アプリケーションの導入と購入、コンテンツの配信を自動化するためのAppleの最新の方法です。Appleは、DEPプログラムとVPPプログラムをApple Business Managerに統合し、導入と管理の作業を1箇所で行えるようにしました。
  2. お客様のデータはAppleを経由しませんが、全ての プッシュ通知 はAppleを経由します。ただし、これらのデータは軽微なもので、例えば、モバイルデバイス管理ソリューションを使用して電子メールアカウントをデバイスにプッシュした場合、電子メールの設定(インターネットで簡単に入手できるもの)がデバイス上の新しい電子メールアカウントに適用されますが、メールのパスワードがその接続を介して流れることがありません。Appleを経由するプッシュ通知は、Appleモバイルデバイス管理ソリューションに設定があることを示すだけで、モバイルデバイス管理スイートが設定を送信し、その後デバイスを使用する人がパスワードを提供することで、Appleとパスワードの間に少なくとも2つの層のセキュリティが構築されます。
    注: 独自のAPNs(Apple Push Notification Service)証明書が必要です。モバイルデバイス管理スイートでは、プッシュ通知証明書をインストールし、期限が切れたら更新する必要があります。
  3. Appleは、デバイスの暗号化、Toutch ID、Lost Modeなどのネイティブセキュリティ機能を内蔵しており、さらに一貫したOSのアップグレードスケジュールを持っています。Appleデバイス用のMDMは、これらのセキュリティ機能を確実にオンにし、実施するために不可欠です。モバイルデバイス管理では、デバイスを積極的に監視し、デバイスにリモートセキュリティコマンドを送信することで、デバイスの保護とコンプライアンスを確保することができます。.
  4. Appleは、2008年にApp Storeを導入してテクノロジーを変えました。それ以来、App StoreだけでFortune 100の企業になれるほど、全ての人に影響を与えています。Appleデバイス用のMDMを活用して、合理化されたデプロイメントにより、従業員が必要とするアプリ、プログラム、ツールを利用できるようにすることは競合他社との差別化に繋がります。.
  5. 優れたモバイルデバイス管理ソリューションにより、継続的なライフサイクルのデバイス管理を困難なく行うことができます。これは、新しいAppleデバイスの設定、必要に応じたデバイス設定の変更、及び全てのAppleデバイスの状況をすばやく把握するためのシンプルなワークフローを提供することで実現されます。

これらは、MDMとは何か。それはどのように機能するのか。について知っておくべき数あるポイントのうちの5つに過ぎません。適切な管理ソリューションは、これらに加えて、Mac、iPad、iPhone、Apple TVデバイスを適切に管理する際に必要となる数え切れないほどのタスクに対応します。Jamfでは、お客様のニーズに合わせて、最高品質のAppleデバイス管理ソリューションを2つ提供しています。それぞれの製品を無料でお試し頂けますので、是非ご利用ください。

IT担当者いらずのシンプルなデバイス管理

ITプロのための高度なマネジメント

Photo of Daniel Weber
Daniel Weber
Jamf
ブログ購読

マーケットトレンド、Apple の最新情報、Jamf のニュースをメールでお届けします。

当社がお客様の情報をどのように収集、利用、移転、および保存するかに関しては、プライバシーポリシー をご参照ください。