Rituals - グローバルリテール業でのAppleデバイス活用

Ritualsは2000 年の創業以来、世界27か国で670店を展開しており、全店舗でよりスマートで落ち着いた体験をお客様にご提供しております。お客様は、お茶を召し上がりながら、スキンケア用品、キャンドル、メイクアップ用品、シャワー用品など、お買い物をお楽しみいただくことができます。

ゆったりとした生活と習慣を生み出せるようなラグジュアリーな家庭用品とボディ用品を取り揃えています
Jamf Proを使ってMacBook 650台、iPad700台、iPhone 650台、iPod1,500台を管理
クラウド導入における安定性と安全性
Apple製品を使用して総所有コスト TCOを強化できると確信しています
テクノロジーの可能性を最大限に引きだすプレミアムサービスの購入
Jamf JumpStartを活用したサポートチームのトレーニング

グローバルリテール業でのAppleデバイス活用

Rituals

AMSTERDAM, NETHERLANDS

忙しい日々に心安らぐ瞬間を

ゆったりと構える。呼吸をする。少し時間をとってその日を受け入れ、身の回りの美を堪能する。それは簡単ではありません。日々の生活はあわただしく、仕事と家庭のバランスを維持するのは難しいものです。そこで、Ritualsは、伝統的なアジアの文化に深く根付いている穏やかさと強さを備えた家庭用品とボディ用品の高級ラインを用意しています。温かみのある香りと豊富な栄養成分により、日々の習慣が心休まる大切な瞬間に変わります。

Appleによるブランド価値の向上

Ritualsは2000 年の創業以来、世界27か国で670店 を展開しており、全店舗でよりスマートで落ち着いた体験をお客様にご提供しております。お客様は、お茶を召し上がりながら、スキンケア用品、キャンドル、メイクアップ用品、シャワー用品など、お買い物をお楽しみいただくことができます。

Ritualsは、企業と小売店の両方にAppleの最新テクノロジーを投入することで、自然と健康を重視する理念はそのままに、現在と未来の商品価値を引き上げることができることに気づきました。

Jamf JumpStartの価値

RitualsのICTソリューションアーキテクトであるJoost Van der Zwaan氏は、Jamfに期待できることや、ニーズに完璧に遭った環境を設定する方法を完全に把握しているとは言い切れないものの、JumpStartは導入開始の成功に役立つと話しています。

私たちはJamfとともに、頭に浮かんでくる理想の実現方法を検討し、当社は何を達成し、何を推進したいのかを考えてきました。JumpStartのおかげで、Jamfの機能の一部だけではなく全てを使用したイメージの実現に取り組むことができました。

PCからMacへの移行

2016年秋、Ritualsは試験的にAppleデバイスの実装を開始し、本社にMacBookデバイス20台を導入しました。使いやすさ、柔軟性、デバイスの安定性に対するフィードバックを検討した結果、移行の推進、つまり、会社全体のPCのMaの移行を決定しました。次の1年間で、Ritualsは会社全体で、MacBook 650台、iPad 700台、iPhone 650台、iPod 1,500 台を導入しました。

「それまで利用していたモバイルデバイス管理ソリューション MDM と、Appleのリリースに合わせて、即日サポートを提供できない点に不満を感じ、新しいツールを導入し始めたときにJamfを見つけたのです。」 Van der Zwaan氏は続けます。「 私たちは、当社のすべてのデバイスに対応できるソリューションであるJamf を選択しました。現在当社で使用しているのはAppleデバイスのみです。JamfはRitualsにとって完璧なソリューションで、会社全体にぴったりとフィットしています。」

移行期間中に、Rituals の各従業員はWindowsからMacBookまたは iPadのいずれかに移行しました。さらにiPhoneが支給されました。会社全体をApple ベースの環境にシフトさせたことは大きな功績でした。加えて、Van der Zwaan氏は、Jamfを利用してクラウドホストのインスタンスを設定することで、従業員に対する内 ハードウェアの提供状況を評価できるサービスの利用を開始すると同時に、急成長を支える基盤も獲得できると言います。「Jamfによって適切な支援と誘導を得ることができ、本当に役立ちました。私たちは同じ目標も持っており、Jamfは導入の成功要因となりました。本当に利用してよかったと思っています。」

ラグジュアリーテクノロジーで小売体験を強化

Ritualsの成功の裏には本社のMacがあり、世界中にある店舗の生命線となっています。各小売拠点で、iPad1台とiPod2台を利用しています。

「Apple製品がなければ、店舗での業務は全く違うものになるはずです。書面処理は非常に困難になり、さらに時間もコストもかかることになります。」とRitualsリテールコーディネーターのTessa Antoni氏は語ります。「従業員は iPadを使って非常に柔軟に対応しています。いちいちバックオフィスに行く必要はありません。トータルで考えれば、Appleデバイスのおかげで当社の誰もがより良い体験を得ることができるようになりました。」

ペーパーレスへの社内移行のために、店舗の従業員はiPadデバイスを使用して次の作業を実行します。

  • 会社のトレーニングセッションを確認し、会社の方針と手順を常に順守

  • 重要なニュースと最新情報を常に知っておくための手段として、会社のニュースレターを閲読 

  • 製品の注文を行い、店舗在庫の十分な量と正確性の維持

iPodデバイスで以下を実行することで、Ritualsの小売拠点の全体的な効率を支援します。

  • お客様が列に並ぶことなく購買できるようにするために、販売のモバイルポイントを提供

  • スキンアナライザーと併用することで、お客様一人一人に合わせたスキンケアを提案

  • 製品の到着時にスキャンをして、在庫エラーの発生余地を排除

 自信に満ちた成長

世界中で健康に気を配る人が増える中、セルフケアに端を発したブランドであるRitualsが、高度な成長を続けることは不思議ではありません。Rituals のICT部長Dick Schornagel氏は、Appleの実装を適切に支援することこそがこのような拡大の支援に最も必要なことであると述べています。

「物理的に拠点を持っていない国々にある当社のリテールと本社の両方でダウンタイムを許容できる余地はないため、堅牢な環境を維持したいのです。 」

Ritualsの最高技術責任者 Nico Wartenbergh氏は、Jamfの堅固なインフラストラクチャとその拡張可能な機能は、広範なデジタル戦略の推進に役立つという意見に賛同しています。 「私たちはそれらのデバイスに対して明確な考えを持つべきです。いつでもどこの国でも、デバイスのワイピング、アップデート、インストールができる状態であるべきなのです。したがって、世界規模の優れたモバイルデバイス管理ツールが必要でした。」

Ritualsは Jamf Pro を使い、Appleデバイスの実装を管理できるだけでなく、顧客が至福の時を味わい自分の習慣を発展させることができるように、効果的かつ効率的に支援する能力を備えることができました。

RitualsとJamfの関係は2016年に始まりました。 MDMを探していた私たちは、Microsoft とAppleの両社からJamfを提案されました。
chief technology officer, Rituals Nico Wartenbergh

.