Jamf ブログ
August 1, 2021 投稿者 Felix Peters

どうしてApple Business Managerが必要なのか

Appleが提供するこの無料ツールで、実際に何が出来るのでしょう。この記事では、Apple Business Manager(ABM)をモバイルデバイス管理(MDM)ソリューションと併用することで、Apple製品群の真の力を引き出す方法をご紹介します。

Jamfでは、「すでにモバイルデバイス管理(MDM)を導入しているのに、Appleデバイスの管理にApple Business Manager(ABM)が本当に必要なのか?」という質問をよく耳にします。現在の状況や達成したいことにもよりますが、Appleデバイスを最大限に活用したいのであれば、答えは「必要」です。

ABMは便利なセキュリティオプションや監視機能を追加するだけでなく、すぐに使えるユーザエクスペリエンス全体が比類のないものです。ギャップを埋めるMDMソリューションと並行して 、ABM、およびApple School Manager(ASM)には、フリート管理を容易にする一連の機能が備わっています。

ABMはいつ必要か

例としてApple Business Managerが役に立つ次の3つのシナリオについて考えてみましょう。

  • 新しいデバイスを購入する、または古いデバイスを更新する
  • デバイスの更新の機会はしばらくない
  • 貴社のAppleハードウェアは増え続けている、または近い将来に大幅な増加が予想される

この3つのシナリオすべてにおいて、Apple Business ManagerとMDMを組み合わせることで、ITの課題を和らげ、コントロールとサポートの問題を解決し、効率的なオンボーディングエクスペリエンスを実現し、エンドユーザの生産性を向上させることができます。
Apple Business Managerは、単体ですべてを解決する魔法の杖ではありませんが、便利なソリューションやアドオンを統合することで、時間、ストレス、労力を軽減します。

ツールで何ができるのか

また、ABMは、Apple購入のデータベースとして機能する無料ツールでもあります。デバイスだけでなく、App StoreのアプリやApple IDも管理できます。このため、Apple IDなしで、Apple IDを管理することで、あらゆるAppleデバイスにアプリを配布することができます(標準のApple IDも同様)。

新しいデバイスを購入すると、すぐにApple Business Managerに表示され、名前、ユーザ、グループ、アプリケーションなどを割り当てることができるようになります。お客様のもとに出荷される前、あるいはエンドユーザのともに直接発送される前であってもです。エンドユーザは、新しいデバイスを受け取り、開梱し、起動しますが、これらの作業はすべてIT担当者が触れることなく行われます。Apple Business ManagerがシリアルナンバーをMDMに転送するため、あとは魔法のように進みます。エンドユーザが初めてログインする時には、アプリ、制限、設定、PDFまでもがシームレスにインストールされており、すぐに作業を開始することができます。

今すぐに新しいAppleハードウェアに投資しなくても、Apple Business Managerを採用して設定しておき、MDMとリンクさせることで将来的なハードウェアの追加に備えることができます。デバイスの中身が消去されても、OSを再インストールすればApple Business Managerに再接続されるため、常に貴社の管理下にあり、適切なツールを装備することができます。

デバイスを紛失した場合は、電源を入れてOSを再インストールすれば、自動的にMDMインスタンスに追加され、再び貴社の管理下に置かれることになります。

ある企業が継続的に従業員を増やし、それに伴ってデバイス数も増えているとします。Apple Business Managerでは、すべてのデバイスを管理システムに手動で追加する必要はなく、購入後すぐに表示されます。

なお、iOSデバイスはApple Configurator 2(Mac App)で後からABMに追加することも可能です。この方法は推奨されていませんが、古いiOSデバイスやApple Business Managerが開発される前に購入したiOSデバイスに、新しいデバイスと同じセキュリティオプションと管理オプションを作成するのに役立ちます。

つまり、ABMなしでMDMツールを使うことはできますが、多くの便利な機能を失ってしまうことになります。MDMを使用せずにABMを導入することもできますが、その場合、Apple Business Managerはシリアル番号のデータベースとしてしか機能しなくなります。要するに、この二つを組み合わせることで、最高の体験が得られるということです。

Apple Business Managerが必要なことに気付きましたでしょうか。Appleの担当者に連絡して、ぜひ導入をご検討ください。

あるいは、ABMを導入済みだが、モバイルデバイス管理を全面的に強化したいとお考えの方は以下よりJamf Proのトライアル版をぜひお試しください。

ブログ購読

マーケットトレンド、Apple の最新情報、Jamf のニュースをメールでお届けします。

当社がお客様の情報をどのように収集、利用、移転、および保存するかに関しては、プライバシーポリシー をご参照ください。