Jamf ブログ

Jamfを活用してROI(投資利益率)を最大化しながらコストを削減する方法

Jamfプラットフォームの機能を利用して、業務だけでなく予算を効率化する方法についてご紹介します。

今日の組織は、より少ないリソースでより多くのことを達成するプレッシャーにかつてないほど晒されています。ITチームやセキュリティチームも例外ではなく、ソフトウェアのニーズや既存の技術スタック、利用可能なリソースを継続的に評価しながら、ベンダーサービスの整理統合やその他の時間およびコスト削減の機会を常に伺っています。

デバイス管理を始めたばかりの場合でも、エンドポイントセキュリティの基盤をさらに強化したい場合でも、シームレスに統合されたJamfの製品を活用することで、ユーザに愛され、組織には安心・安全を届けるAppleエクスペリエンスを実現することが可能です。

Jamfのプラットフォーム

Appleのために設計されたJamfの包括的なプラットフォームは、最大で6種類のデバイス管理ツール、3種類のアイデンティティ管理、そしてなんと9種類のエンドポイントセキュリティを備えており、これらを最適な形で統合させることができます。

Jamfプラットフォームをフルに活用することで、以下のような機能を手に入れ、既存のツールやソフトウェアと置き換えることが可能です。

デバイス管理機能

アイデンティティ&アクセス管理機能

エンドポイントセキュリティ機能

Jamf Businessプランは、Jamf Pro、Jamf Connect、Jamf Protectのコンビネーションが提供する「Trusted Access」の恩恵をフルに受けられる費用対効果の高い価格プランです。ぜひご検討ください。

【Jamf Businessプランの詳細はこちらから】

ブログ購読

マーケットトレンド、Apple の最新情報、Jamf のニュースをメールでお届けします。

当社がお客様の情報をどのように収集、利用、移転、および保存するかに関しては、プライバシーポリシーをご参照ください。