メインコンテンツに移動

教員用 iPad クラスルーム管理ツールで黒板授業ではできなかったことを実現。

教員と生徒のために、より良質で、個々に合わせた体験を作り出します。

より強固なアカデミック環境を構築

生徒たちが机に座って講義に耳を傾ける時代は終わりました。授業に iPad を導入すれば、自発的な連携と個別学習を実現できます。

スマートテクノロジーは、教員と学生とっての新たなチャンスと言えますが、同時に iPad クラスルーム管理の戦略も新たに必要となります。

4K+
4,000 校以上 Jamf をご利用いただいている世界中の学校の数
3
300 万人 Jamf を日々ご利用いただいている学生の数
6
上位 10 区中 6 区 Jamf をご利用いただいている米国内 K-12 学区の数

教員と学生のセットアップが成功のカギ

クラスルーム管理ソフトウェアで差をつける

Jamf Pro があれば、Apple クラスルームアプリや Jamf Focus などのクラスルーム管理アプリを環境に簡単に組み込めるので、授業を妨げることなく最適なクラスルーム体験を創造し、新しい優れた学習方法により若者たちにもたらすことができます。

新しい教え方

学生が行った課題を自発的に Apple TV で共有するなど、授業計画において独自の授業ワークフローを作成できます。

焦点を絞る

学生が特定のアプリやウェブページ、電子書籍などを使用することで、授業計画どおりに授業を進めることができます。

進度の監視

iPad を使った授業では、学生の進度を把握する機能を使って、助けを必要としており、気にかけるべき学生を特定できます。

アセスメントの実施

学生をアセスメントアプリにロックし、アシスト関連の機能(スペルチェックや辞書など)を一時的に無効化します。

テクノロジーと名簿の同期

学生情報システムと Apple School Manager に学生名簿を組み込むことで、学生名簿が、常に最新の状態に更新され、学生の顔写真に関連付けられます。 

カスタマイズしたアプリカタログを学生に提供

App Store を無効にしたままの状態で、必要なアプリやコンテンツへのアクセス権を学生に与えます。

IT 担当者を待つ必要なし(手間がかからない

パスワードのリセット、アプリのインストール、コンテンツの配信などを自分で行える機能があり、IT 担当者に問い合わせる必要がなくなります。

学校向けに構築されたサポート

授業に Apple および Jamf を導入する際にサポートが必要な場合であれ、また単に授業日や週末や夏休み中に質問がある場合であれ、サポートを行っていす。Jamf のクラスルームサービスや経験豊富な Jamf サポートチーム、35,000 以上のユーザーコミュニティ、Jamf Nation などをいつでもご利用いただけます。

Jamf Pro の内部に触れて、より良い Apple 経験に Jamf Pro がどう貢献するのかをご覧ください。

ただ説明を聞き流すだけにとどまらず、ぜひ Jamf Pro の無料テストドライブをお試しになってご意見をお聞かせください。