セキュリティ管理

ユーザのプライバシーを守りながら、データ管理とエンドポイントセキュリティに関する懸念を軽減します

A MacBook and Mac with security symbols on them.

小さなフットプリントで、広範なセキュリティ機能を実現

今や、セキュリティ管理は、ファイアウォールを設定してネットワークに不要なものを入れないように試行錯誤するだけではありません。ユーザはどこにでも存在し、職場環境にリモートエリアやハイブリッドエリアが含まれるようになる中で、企業の一部となるすべてのエンドポイントをサポートするためのセキュリティ管理プロセスも進化してきました。

Jamfプラットフォームは、プロビジョニング、デプロイメント、パッチ管理を含むAppleデバイスのあらゆる側面の管理、マルウェアの脅威の監視と防止、IDプロバイダとの統合、収集されたデバイス(統合)ログの提供、デバイスの健全性レポート、コンプライアンス要件への対応など、総合的な管理ソリューションを提供しています。

macOSおよびiOSデバイスのSecurity Postureを管理および維持

Jamfプラットフォームは、macOSおよびiOSデバイスのSecurity Postureを管理および維持します

  • VPNプロファイル、FileVault 2のディスク暗号化、制限付きアプリの制御など、デバイスの設定を定義・配布するための構成
  • デバイスのセキュリティ要件への遵守を確保し、マネージドソフトウェア、スクリプト化されたペイロードのインストール、および定期的なメンテナンスの実行を行う自動化されたポリシー
  • ユーザ体験に影響を与えることなく、脅威を隔離してリスクを軽減するための修復と介入
  • パスワードポリシーの実施、リモートセキュリティ機能の有効化、デバイスに保存されたデータの完全管理(紛失が報告されている場合も含む)など、Appleデバイスのセキュリティを管理するためのコントロール
  • デバイスやアプリを最新の状態に保ち、常にスケジュール通りにアップデートできるようにする同日OSサポート

ホワイトペーパー

macOS のセキュリティチェックリスト

macOS 向け Center for Internet Security ベンチマークの導入

デバイス認証を効率化して安全にエンドポイントを保護

Jamfプラットフォームは、デバイス認証を効率化して安全に保護します

  • アカウント、サービス、企業情報などのプロビジョニングを、アクティブディレクトリにバインドすることなく実行
  • 単一のクラウドIDアカウントを通したID管理で、どのデバイスが、誰によって、いつアクセスされているかを把握
  • MacとクラウドベースのIDプロバイダとの間でアカウント認証情報を同期することで、ユーザがSelf Serviceでパスワードをリセットして生産性を維持できるようにし、IT部門への問い合わせ数の低減
  • ユーザのiPhoneを介してMacを安全にロック解除するパスワードレス認証で、パスワードに関連した問題を回避

脅威を検出して防御

Jamfプラットフォームは、脅威を検出して防御します

  • アドウェア、トロイの木馬、ランサムウェアなど、macOSを狙うマルウェアをブロックする完全なアンチウィルスソリューション
  • デバイスの状態を常に把握できるアクティブモニタリングと、統合ログのSIEMソリューションへのフォワーディング
  • アラートをリアルタイムでトリアージするMITRE ATT&CKフレームワークにマッピングされた脅威ハンティングと行動分析
  • 自動的に、不要、あるいは信頼できないアプリやマルウェアを封じ込め、エンドユーザ体験をカスタマイズすると同時に、設定した対応手順を通してデバイスをコンプライアンスに準拠した状態に戻す
  • CIS、NIST、DISAのベンチマークに準拠したコンプライアンスと、データ分析ツールに適切な監査データの取得を自動化する機能により、デバイスの深い可視性と必要な監査証跡を取得